楽天でしか買えない 楽天限定酒特集

2013年03月18日

日本酒の味

日本酒を選ぶ際に参考にしていただいたらと思う、

日本酒の「味」について。


よく、居酒屋さんなどではお酒の名前とともに「甘口」「辛口」などと
書かれているお店もありますね。

「+1」「−1」とか。

でも、お店によって書き方が違ったりもしてわかりづらいかも知れません。

また、いろいろ飲んでみたいな〜と思っても
何を選んだらいいのか!?と、思われることもあるかと思います。

そこで、私たち利き酒師がお客様にお酒を選ぶ際に
基準にしている こちら↓

参考にしてみてください☆


日本酒の味、マトリックスです(^^)

4type.jpg

日本酒の「味」の違いは、主に4種類に分類します。

単に「甘口」「辛口」ではない分類です。

飲み口の軽いものから重みのある感じのもの、味の濃さ、香りの高さ。
が、基準となります。

・爽酒(そうしゅ) 軽快でなめらかなタイプ
 淡麗辛口テイストで誰にでも好かれる万能選手

香りは全体的に控えめであるが、新鮮で清涼感のある含み香を持ち、なめらかでみずみずしい味わいが特徴です。

お店では →本醸造酒、生酒系のお酒

・薫酒(くんしゅ) 香りの高いタイプ
 フルーティーフレーバーが海外でも大人気

果実や花の様な華やかな香りが高く、軽快で爽やかな味わいが特徴です。
甘い風味を感じさせるものから辛口のものまで、様々なタイプが存在します。

お店では →大吟醸、吟醸系のお酒

・熟酒(じゅくしゅ) 熟成タイプ
 黄金色に輝く日本酒。本当の酒通が認める貴重品

ドライフルーツやスパイスなどの複雑性のある練れた熟成香を持ち、
とろりとした甘味や深い酸味、ボリューム感のある旨味が合わさった力強い味わいが特徴です。

お店では →熟成酒、古酒など

・醇酒(じゅんしゅ) コクのあるタイプ
 まさに原点。伝統的かつ王道をいく日本酒

原料の米そのものを想わせるようなふくよかな香りと、充実した旨味を感じさせるコクのある味わいが特徴です。

お店では →純米酒、きもと系のお酒


となります。


この4つのタイプに合うお料理の傾向というのがあります。
ご自身が食べたいと思ったおかずに合わせて、
日本酒を選んでいただいたり、
自分の飲みたいお酒に合わせてお料理を選ぶ、
頭の片隅に、参考までにおいていただいたらと思います(^^)


・爽酒(そうしゅ) →本醸造酒、生酒系のお酒
 とうふ料理、なまこポン酢、焼き魚、など。幅広いお料理に相性良し。
 さっぱりした食材の味と香りの膨らみを楽しんだり、こってりした食事との相性を楽しめます。

・薫酒(くんしゅ) →大吟醸、吟醸系のお酒
 さっぱりした食事、前菜など。魚介類の刺身、カルパッチョ。サラダや野菜のおひたしなど。
 お酒の香りを楽しめるタイプのものを選んで楽しむのがオススメ。

・熟酒(じゅくしゅ) →熟成酒、古酒など
 お酒の味がこってり、まったりしているので、同じく脂っこいものやスパイシーなもの
 クセのあるチーズなど、個性の強いお料理にも負けません。

・醇酒(じゅんしゅ) →純米酒、きもと系のお酒
 おかずとしてしっかりと味のあるもの、肉じゃがや洋食のメニューにもピッタリ。
 定番の「酒の肴」にしっくりとくるお酒です。


しかし、あくまで上記は「オススメ」であって、
日本酒は温度を変えるととたんに味わいも変わります。

元が「お米」で出来ているお酒なだけあって、
合わない食材というのも特に思い当たりませんので、
お好みの組み合わせ、自分の好きなお酒の傾向をぜひ
探ってみていただきたいと思います(^-^)


posted by みやこ at 00:32| Comment(0) | 日本酒 飲み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。